2017年2月3日金曜日

paint-order...もう少し早ければ...

概要

Inkscape独自命令ではなくSVGに追加されたものなのでWebサイトでもそのまま使えるのがGood。

paint-orderがなかった頃は上図のような太めの縁取りをしたい場合にひと手間必要だった。単に縁取りをすると下図のように文字がつぶれてしまったからだ。

以前までは下図のように縁取りオブジェクトにフォントオブジェクトなどを重ねる必要があった。

この方法だと手間がかかる上に画像サイズが2倍になってしまう。両方解決できて一石二鳥。フィルストロークダイアログのストロークのタブの順番の項目にあるコレ。このアイコンをクリックするだけで簡単。

グループには無効

残念ながら左図のようになる。古の手法で乗り切るしかない。ただし、色が同じならパスを結合で解決(右図)。単調ならグラデーションでがんばれる。

サイズ

うっかりするかもしれないストロークの幅に関して。

  • 左...ストロークの幅は設定どおりだがオブジェクトがストロークの幅分小さくなる。
  • 中...オブジェクトはそのままだがストローク幅が半分になる。

となるので、オブジェクトをそのままで表示したくてストローク幅が決められている場合は右のようにストローク幅を2倍に設定する必要がある。

以前描いていた系統のイラストなら多用していてたであろう機能。今はこれでは物足りない。あと、某イラレみたく一つのパスに複数のストロークや塗りを適用できるようにすればよかったのにと思う。Inkscape独自でなくSVGの規格として。