2016年5月9日月曜日

アップグレードからの7戻り

筆圧が戻ってUbuntuを16.04で仮想環境へ入れ直して、AzPainterは設定を上書きせず、気分転換に作りなおしての一枚。結局昔と大差ない。もう少し感性が変化していると思っていたけど、そうでもなかった。

ここ1週くらいの履歴

Windows10へのアップグレードは投資だというのをどこかで読んで真に受けて、10へアップグレード。しかし、ペンタブの筆圧感知が働かず、あれこれ錯誤するものの結局7へダウングレード。
しかし、7でも筆圧感知が働かない。もしやOSのクリーンインストールが必要なのかと覚悟を決めたその時!

ただ単に、仮想化ソフトでタブレットが接続されていなかっただけだったことを発見。

もしかしたら10でもこれだけで動いたかもしれない。ダウングレード早まった。

1週間ほどWindows10を使用しての個人的な感想は、

  • フォントが小さい
  • 起動が遅くなった
の2点。後者はGUIブートとロック画面のスキップで7と同じくらいの体感になった。

とりあえず今してることを片付けてから、再度Windows10へアップグレードして、ペンタブが動くかチェックする予定。

あと、ウィンドウのスナップ機能は現在左右2分割と4分割が用意されていますが、私は縦長イラスト(を描く予定)用に縦置きディスプレイを使っていまして、できれば上下2分割も欲しいと思っています。どこへ要望を出せば良いのかわからないのでここで。